英語の上達 発音 〜 英語がうまくなりたい!

main_top_over_navi
main_top

英語の上達 発音

英語の言葉に比べて、日本語の構造が全然異質であるため、日本人は英語の発音が総じて苦手となっています。英語には日本語にない発音があり、正しく聞き取ることが難しいのです。またリズム感も相容れな音感を持っています。 誰でも気づくことですが、日本語は1つ1つの語の区切りとなる音節がほとんど同じ長さで作られているのに比べ、英語では1つの文の中にある音節が違っています。文中に強弱が現れ、日本語のリズム感と異なっています。まずこの文節の区切りを英語風にとらえていかないと英語の聞取りが上達していきません。 日本語の区切りある文節と違っと、英語では子音と母音がつながって聞こえてくるのも特徴です。そのため、単語1つ1つの区切りがなく、文節を単語のつながりとして捉えることができないのです。日本語は母音で聞き分けるのが通例です。子音中心の英語の聞取りは、なんどもヒアリングを重ねる訓練でしか克服していきません。なんどもなんども聞いているうちに、文節を捉える脳が訓練され、英語がスムースに聞き取られるようになります。そして同時に、英語特有のアクセントとリズムも会得できることによって、本物の英語が理解され身についていきます。
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2011 英語がうまくなりたい! All Rights Reserved.