英語の上達 英語脳の育成 〜 英語がうまくなりたい!

main_top_over_navi
main_top

英語の上達 英語脳の育成

英語の上達の目標として「英語脳」になりきることがあります。最近では、インターネツトで英語脳になる学習法などが掲載され注目されています。英語脳という言葉は日常的には耳にしませんが、簡単に言えば、日本語を処理するように、英語を処理することだと言えます。日本語を話すとき日本人は苦痛を感じません。しかし英語を聞いたり、話たりするときには、時間的に脳を使って理解し、話そうとします。一旦聞いた英語を日本語に翻訳してから理解し、話す言葉を英訳しなければなりません。英語脳は、英語を聞いた瞬間に、飜訳せずに理解出来る能力ということになります。 この英語脳を育てるのに弊害とされているのが、学校での授業スタイルです。読解力を重視するあまり、日本語訳での勉強が主体となっていて、英語そのもので考える能力の育成となっていません。中学、高校での英語教育が翻訳癖をしみ込ませ、実社会に入ったとき、日本語訳にしてから理解するという癖からなかなか抜け出すことができません。 英語脳で英語のまま、事態を処理するようになれば、英字新聞も日本語と同じスピードで理解出来ることになりますし、聞く、話すことも自由になります。すなわち生きた英語が活用できるのです。
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2011 英語がうまくなりたい! All Rights Reserved.