英語の上達 語順の差異 〜 英語がうまくなりたい!

main_top_over_navi
main_top

英語の上達 語順の差異

英語と日本語の大きな違いに語順があります。これによって日本人は、文法が英語に似通った国の人に比べて、英語の習得に時間がかかる原因ともなっています。一般に、日本人が英語を理解しようとするとき、日本語の語順に合わせて英語を変換しながら理解し、いつしかそれが癖となってしまい、英語のスピードについていくことができないのです。英語の語順で理解する訓練がリスリングでは大切となります。 文中における主語(Subject)動詞(Verb)目的語(Object)の語順を言語で分類すると、次のように分けられます。 日本語ではSOV型に分類され、主語+目的語+動詞のつながりです。 一方、英語、仏語、中国語などは、SVO型に分類され主語+動詞+目的語の語順になっています。 「私は手紙を書いた」(I wrote a letter)は英語の語順では、私は、書いた、手紙をとなります。この並び替えを日本語の脳で行う限り、英語の完全な習熟にはなかなか近づけません。瞬時に理解して、応答していくには、英語の脳で理解する訓練が必要となるのです。 また日本語は主語が曖昧です。主語を省略しても日常の会話が成り立っている特色があります。英語では、主語は絶対です。このことも気をつけなければなりません。
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2011 英語がうまくなりたい! All Rights Reserved.