英語の上達 敬語の使い方 〜 英語がうまくなりたい!

main_top_over_navi
main_top

英語の上達 敬語の使い方

日本文化は謙譲の文化といわれるほど、相手を慮る表現に富んでいます。社会人として丁寧な言葉、尊敬する言葉をわきまえることが、礼を重んじる日本社会では必須の事です。日本語を勉強する外国人にとって日本語の敬語は相当の難関になっています。日本生まれで、日本で育った人にとって敬語の使用はいわば生活習慣ですが、外国人が日本の敬語を本当に自由に使えるまでには日本の習慣を充分に理解してからでないとできません。 日本では相手を表現する言葉には、あなた、君、様、殿など様々ありますが、英語では"you"でほとんど済ましてしまいます。と言っても、一般的に欧米人は、言葉の形式よりも態度や仕草で敬意を表現するのですが、英語圏で過ごす人にとっても、敬語は当然あります。 日本でも、友達同士ではなく、目上の人と会話するときや、何かを人に頼むときは、意識して丁寧な言葉で対応します。英会話の勉強でも、丁寧な言葉を使って話せるようになるには、きちんとした学習が必要です。 英語、日本語に限らず、丁寧語を使おうとするときの態度です。相手の意思を尊重する表現を用いるのが礼儀です。この場合、"could you" "would you"などの慣用句が用いられます。目上の人と話すときは、自分のことは控えめに表現し、相手が話しやすい間の取り方も大切です。
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2011 英語がうまくなりたい! All Rights Reserved.