英語の上達 自己主張の違い 〜 英語がうまくなりたい!

main_top_over_navi
main_top

英語の上達 自己主張の違い

国民性の違いは、言語でも著しく現れています。自己主張に関しても、顕著に方法が違ってきています。日本語と違う英語て独特の表現を知ることも大切ですし、英語を話す国の文化、習慣を勉強していかなくてはなりません。 日本人は島国で育ち、あるいは鎖国などの施策をとるような閉鎖的な歴史があり、対外とは接触しない文化を保持していました。これに比べ欧米人は、接触する隣国との闘争の歴史を有しています。これが国民性への影響を及ぼしてきていました。日本人は自己主張することなく、むしろ謙譲の精神で社会が成り立つことができたのです。日本語の主語が曖昧というのも、こうした環境から、言わずとも解る了解になっていました。 英語で話すには、英語圏の慣習をも身につけていかなければ、本物の英語にならず、相手に自分の意思を伝えることはできません。 英語では、直接の表現が多く、主語もはっきりしています。相手に暗黙に解ってもらうような表現はとりません。英語独特の表現を勉強するには、英語の小説を数多く読んだり、映画、テレビなどで英語独特の表現を聞き、慣れていくことです。 英語における自己主張をマスターすることによって、より英語人に近い会話が保証され、自分の意見が正しく伝わります。
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2011 英語がうまくなりたい! All Rights Reserved.