英語の上達 日本的英語授業 〜 英語がうまくなりたい!

main_top_over_navi
main_top

英語の上達 日本的英語授業

英語を学び、英語を活用する目的は国際化社会にあって、他国と自由にコミニケーションができ、文化・経済の発展に役立てることです。また自己啓発のためにも英語で会話できることが多くの知識を得ることになり、交流の幅を拡げていきます。 日本では、中学、高校と多くの時間の授業を経験しているにも関わらず、実際授業を熱心にしたしても、実社会では役に立てる実績をわほとんど得られないのが現状です。外国人と対等に話すことができないままに、卒業ということになっています。 英語の授業目的に問題があります。まず中学の英語は高校受験のため、高校の授業は、大学受験のためが学習の目的とされているからです。文法、英単語の学習に主眼が行われ、コミニケーションのための英語が軽視されています。ペーパーの仕事はできても、実社会での活用には、むしろ障害になっているのです。 大学でも、一般教養での英語の講義はありますが、実務を中心とした英語の段階で今までの英語力ではついていけません。その為、英語圏での活動を目指す学生たちは、英会話学校に補修として通い英語力のアップに努めて実社会に出ていかねばなりません。 最近では、外国人の講師を招いて、生きた英会話の授業を実践している学校の多くありますが、時間的に不十分です。心に英語の力を高めていくには、中学の頃からでも、英会話を積極的にしていく環境を自分で見つけていかねばなりません。
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2011 英語がうまくなりたい! All Rights Reserved.