英語の上達 右脳と左脳の働き 〜 英語がうまくなりたい!

main_top_over_navi
main_top

英語の上達 右脳と左脳の働き

脳は人間にとって命の中枢となっている判断命令の源です。言葉を聞いたり、それを判断して話すことは脳の器官によるものです。英語学習にとって、脳の働きを知ることも、参考になると思います。 よく知られているように脳には、右脳と左脳で働きが違い、かつ全体のバランスをとっています。役割分担として、右脳は左手の運動、音楽感覚、空間構成などで、一方、左脳は右手の運動、計算処理、時間的連鎖思考と言われています。言語はこの時間的連鎖機能によって左脳によって支配されています。したがって左脳が怪我などで損傷すると、必然的に言語障害になり、また右手の感覚が麻痺してしまうことになります。日本語も左脳で処理されるのが専らです。 英語についていうと、右脳の空間構成としての発音、左脳の時間的連鎖としての意味の理解というように左右両方の脳によって処理されていることがわかっています。日本人が他の言語諸国より英語の上達に時間がかかるのも、脳の使い方が違っていることにも原因があります。一般に男性は右脳が発達し、女性は左脳が発達していることも言われています。その為女性のほうが言語能力に優れているという研究もあります。 英語が上達するには「英語脳」になることだと最近言われています。世界で活躍する同時通訳の人ては完全にこの脳を獲得していると言えるでしょう。一般の人には直ぐにとは行きませんが、英語の意味を一旦日本語に置き換えて翻訳する手間をかけず、直接に英語を理解できる脳を目指すことです。
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2011 英語がうまくなりたい! All Rights Reserved.